記事

【利用者を増やす㊙営業術】成果を出す営業担当者が持っている5つのこだわり

「あの人は仕事ができるな」とか「あの人は結果を出すな」、「あの人に任せると業務のエラーが減るな」と感じる人に出会ったことはありませんか?

もちろんタイミングや運の要素もありますが、毎回偶然に幸運が舞い降りている訳ではありません。

完璧そうに見える人も、ある5つのことには徹底してこだわっており、その行動習慣が伴って結果が付いてきていると感じています。


結論、その【5つのこだわり】は以下の通りです。


[1]相手に「与える」ことにこだわる

[2]相手の「名前を呼ぶ」ことにこだわる

[3]相手の「理解・納得」にこだわる

[4]「白黒をつける」ことにこだわる

[5]「感覚」よりも「量」、「考える」より「実践する」にこだわる


それぞれについて解説をしていきますので、「利用者増」「職員の離職率減少」など、成果を出すための参考にしたいと思える方は、日々の行動習慣に取り入れてみてください。



【傍聴報告】第229回社会保障審議会介護給付費分科会

2023年10月26日(木)に「第229回社会保障審議会介護給付費分科会」が開催され、傍聴したのでその報告をします。


今回の議題は以下の5つのサービスでした。


【1】通所介護・地域密着型通所介護・認知症対応型通所介護

【2】療養通所介護

【3】通所リハビリ

【4】短期入所生活介護

【5】短期入所療養介護


具体的には以下の項目について提案がされ、意見交換が行われました。



【傍聴報告】第228回社会保障審議会介護給付費分科会

2023年10月23日(月)に「228回社会保障審議会介護給付費分科会」が開催され、傍聴したのでその報告をします。


今回の議題は以下の4つのサービスでした。


【1】定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護

【2】小規模多機能型居宅介護

【3】看護小規模多機能型居宅介護

【4】認知症対応型共同生活介護


具体的には以下の項目について提案がされ、意見交換が行われました。



賃上げ動向

【1】バイト時給が過去最高に…1,161円


リクルートが2023年10月16日に発表した三大都市圏の9月のアルバイト・パート募集時の平均賃金が、前年同月比20円アップの1,161円だったことが判明しました。

これは過去最高となります。



【利用者を増やす㊙営業術】「営業は怖くない」営業に苦手意識を持つ人に伝えたいマインドセット

結論、下記の行動やマインドセットができていれば、営業は怖くなくなります。

※マインドセットとは…心理学では、人間が持つそれぞれの「無意識の思考・行動パターン」「固定観念や思い込み」「物事を捉える時の思考の癖」のこと。ビジネスでは、「考え方の基本的な枠組み」のことを指す


・公的で世の中に求められているサービスなので大丈夫

・「配慮」と「相手視点」を持っていれば、迷惑にはならない

・適切なターゲットに営業する

・自分たちができることの範囲で提案する

・断られて当たり前だと思っておく

・自分に自信と自己肯定感を持つ(自分スゴイ)

・小さなゴール設定と積み重ねを意識する


【労務管理】「パートと正社員の年次有給休暇」の取り扱い

現場でよくある事例


Kデイでは、令和5年2月1日付けでA子さん(48歳)をパート職員として採用しました。

その際の勤務条件は「週2日出勤で、1日8時間労働」でした。

その後、勤務態度が良く、利用者からの評判が高かったこともあり、A子さんを令和5年6月1日付けで正社員(週5日出勤・1日8時間労働)にすることにしました。

それから2ヶ月が経過した令和5年8月1日。

A子さんから年次有給休暇(以下、有給休暇)の請求がありました。

こういった場合、有給休暇の取り扱いはどうすれば良いのでしょうか?



障害グループホームでの「経済的虐待」に関連して、他グループホームの調査実施 など

愛知県の大村知事は2023年10月2日に会見を開き、県が所管するすべての障害者グループホーム315ヵ所に、利用者への食材費徴収に関する実態調査を始めたと明らかにしました。

この調査は、東京に本社を置く福祉事業会社「恵」が、愛知県岡崎市内で運営する障害者グループホームで、実費を上回る請求があった疑いが浮上したことを受けたものです。

10月末までに調査票を通じて過去3年間の食費の徴収状況などを回答するよう求めるほか、名古屋市・岡崎市などの中核市、それに大府市にもそれぞれが管轄する合計451の事業所に同様の調査をするよう依頼しています。

[東海テレビ10/2 ニュースより]



【利用者を増やす㊙営業術】病院の地域連携室に営業する際にここだけは押さえておきたいポイント

地域連携室の職員が何をしているのかまずは知ろう!


「地域連携」とは、言葉の通り地域単位で点在する医療・介護・障害福祉資源を互いに連携させ、一人ひとりのご利用者、そして介護に携わる家族を支援することです。

そんな名前を病院内で掲げて仕事をしている「地域連携室」の職員は、まさに地域と病院のハブ機能を担い、病院全体のコーディネート業務をしています。


大きく分けて以下のような仕事をしています。



【傍聴報告】第224回社会保障審議会介護給付費分科会

2023年9月15日(金)に「第224回社会保障審議会介護給付費分科会」が開催され、傍聴したのでその報告をします。


今回の議題は、以下の通りです。


【1】感染症への対応力強化(特例措置の在り方について)

【2】業務継続に向けた取組の強化等(業務継続計画、訓練への地域住民の参加促進)

【3】口腔栄養(口腔、栄養、運動-口腔-栄養の一体的取組の促進)

【4】制度の安定化・持続可能性の確保(報酬体系の簡素化、多床室の室料)

【5】高齢者虐待防止、現場の安全性確保、リスクマネジメント

【6】地域区分

【7】今後の新型コロナの患者受け入れに係る特例措置について


各議題の意見のまとめとしては以下の通りでした。



年収の壁対策10月より実施

■年収の壁130万円

100人以下の企業は扶養から外れる。

従業員100名以下の企業は人手不足など一時的な変動であることを企業が証明すれば、130万円超えても連続2年までは扶養内にとどまれる。

2025年の年金制度改革の「つなぎ措置」として10月より実施される。



<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 45ページ中3ページ目